オンラインで楽しむPrograms available online

  • 刊行物
  • 発行年

ザ・トライアングル

川人綾:斜めの領域

無料

川人綾:斜めの領域
発行年2022年5月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
編者京都市京セラ美術館
判型A4
PDF 川人綾:斜めの領域(12 MB)

当館のリニューアルを機に新設されたスペース「ザ・トライアングル」。その第7弾となる展覧会「川人綾:斜めの領域」の公式図録です。ザ・トライアングル(地下1階のギャラリー)と北西エントランスで展開された展示の風景写真と担当キュレーターによるエッセイを収録。無料でダウンロードできるPDF形式の図録で、どなたでも閲覧できます。なお、今後もシリーズとして、同様の形式でザ・トライアングルでの活動記録をアーカイブ化していく予定です。

ザ・トライアングル

加納俊輔:サンドウィッチの隙間

無料

加納俊輔:サンドウィッチの隙間
発行年2022年3月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
編者京都市京セラ美術館
判型A4
PDF 加納俊輔:サンドウィッチの隙間(9 MB)

当館のリニューアルを機に新設されたスペース「ザ・トライアングル」。その第6弾となる展覧会「加納俊輔:サンドウィッチの隙間」の公式図録です。ザ・トライアングル(地下1階のギャラリー)と北西エントランスで展開された展示の風景写真と担当キュレーターによるエッセイを収録。無料でダウンロードできるPDF形式の図録で、どなたでも閲覧できます。なお、今後もシリーズとして、同様の形式でザ・トライアングルでの活動記録をアーカイブ化していく予定です。

美術館ニュース No.218

無料

美術館ニュース No.218
発行年2022年3月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
PDF 美術館ニュース No.218(739 KB)

美術普及を目的に1957年に創刊した「京都市美術館ニュース」を、2020年5月のリニューアルオープンに際し「京都市京セラ美術館ニュース」としてデザインを一新して再スタートしました。

掲載内容
・森村泰昌 京都から京都へ/植松由佳(国立国際美術館学芸課長)
・新作を生み出すコレクション/鷲田めるろ(十和田市現代美術館館長)
・新装版「作家にきく」no.3 上村淳之

ザ・トライアングル

宮木亜菜:肉を束ねる

無料

宮木亜菜:肉を束ねる
発行年2022年2月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
編者京都市京セラ美術館
判型A4
PDF 宮木亜菜:肉を束ねる(6 MB)

当館のリニューアルを機に新設されたスペース「ザ・トライアングル」。その第5弾となる展覧会「宮木亜菜:肉を束ねる」の公式図録です。ザ・トライアングル(地下1階のギャラリー)と北西エントランスで展開された展示の風景写真と担当キュレーターによるエッセイを収録。無料でダウンロードできるPDF形式の図録で、どなたでも閲覧できます。なお、今後もシリーズとして、同様の形式でザ・トライアングルでの活動記録をアーカイブ化していく予定です。

美術館ニュース No.217

無料

美術館ニュース No.217
発行年2021年11月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
PDF 美術館ニュース No.217(708 KB)

美術普及を目的に1957年に創刊した「京都市美術館ニュース」を、2020年5月のリニューアルオープンに際し「京都市京セラ美術館ニュース」としてデザインを一新して再スタートしました。

掲載内容
・近現代の京都がモダンである理由/倉方俊輔(建築史家)
・「コレクションとの対話 6つの部屋」開幕記念座談会
・新装版「作家にきく」no.2 中井貞次

ザ・トライアングル

湊茉莉:はるかなるながれ、ちそうたどりて

無料

湊茉莉:はるかなるながれ、ちそうたどりて
発行年2021年6月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
編者京都市京セラ美術館
判型A4
PDF 湊茉莉:はるかなるながれ、ちそうたどりて(8 MB)

当館のリニューアルを機に新設されたスペース「ザ・トライアングル」。その第4弾となる展覧会「湊茉莉:はるかなるながれ、ちそうたどりて」の公式図録です。ザ・トライアングル(地下1階のギャラリー)と北西エントランスで展開された展示の風景写真と担当キュレーターによるエッセイを収録。無料でダウンロードできるPDF形式の図録で、どなたでも閲覧できます。なお、今後もシリーズとして、同様の形式でザ・トライアングルでの活動記録をアーカイブ化していく予定です。

ザ・トライアングル

荒木優光:わたしとゾンビ

無料

荒木優光:わたしとゾンビ
発行年2021年3月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
編者京都市京セラ美術館
判型A4
PDF 荒木優光:わたしとゾンビ(7 MB)

当館のリニューアルを機に新設されたスペース「ザ・トライアングル」。その第3弾となる展覧会「荒木優光:わたしとゾンビ」の公式図録です。ザ・トライアングル(地下1階のギャラリー)と北西エントランスで展開された展示の風景写真と担当キュレーターによるエッセイを収録。無料でダウンロードできるPDF形式の図録で、どなたでも閲覧できます。なお、今後もシリーズとして、同様の形式でザ・トライアングルでの活動記録をアーカイブ化していく予定です。

美術館ニュース No.216

無料

美術館ニュース No.216
発行年2021年3月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
PDF 美術館ニュース No.216(669 KB)

美術普及を目的に1957年に創刊した「京都市美術館ニュース」を、2020年5月のリニューアルオープンに際し「京都市京セラ美術館ニュース」としてデザインを一新して再スタートしました。

掲載内容
・『美術館ニュース』リニューアルに際して/青木淳(当館館長)
・京都市京セラ美術館リニューアルに寄せて
 /杉本博司(写真家、美術作家)、森村泰昌(美術家)、島田康寛(美術評論家)
・新装版「作家にきく」no.1 三代 宮永東山

平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019

販売中

平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019
発行年2021年2月
発行元世界思想社
販売価格3,182円+税
編者 椹木野衣、京都市京セラ美術館
判型B5変・232頁
購入ART RECTANGLE KYOTO Online Store

平成を代表する14作家の主要作品約70点を200枚余の写真でフルカラー掲載。椹木野衣の平成美術論、平成美術史カラー年表(731項目、図版77点)、赤坂真理・立岩真也・片山杜秀の平成論を収載。ミシン目で切って貼ると本が完成する、ブックカバー型ポストカード15枚付です。

ザ・トライアングル

木村翔馬:水中スペック

無料

木村翔馬:水中スペック
発行年2020年11月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
編者京都市京セラ美術館
判型A4
PDF 木村翔馬:水中スペック(7 MB)

当館のリニューアルを機に新設されたスペース「ザ・トライアングル」。その第2弾となる展覧会「木村翔馬:水中スペック」の公式図録です。ザ・トライアングル(地下1階のギャラリー)と北西エントランスで展開された展示の風景写真と担当キュレーターによるエッセイを収録。無料でダウンロードできるPDF形式の図録で、どなたでも閲覧できます。なお、今後もシリーズとして、同様の形式でザ・トライアングルでの活動記録をアーカイブ化していく予定です。

京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

販売中

京都市美術館 「第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍」 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
発行年2020年4月
発行元光村推古書院
販売価格2,300円+税
判型B5変 232頁
購入ART RECTANGLE KYOTO Online Store
光村推古書院

1933年に日本で2番目の公立美術館として開館した京都市美術館。江戸後期の京都では、伊藤若冲や曽我蕭白をはじめ、文人画家の与謝蕪村や池大雅、円山派の始祖・円山応挙、四条派の始祖・呉春、応挙の弟子であった長沢芦雪が活躍していました。その後の幕末から明治にかけて、新しい時代を迎えた京都の美術・工芸の発展を回顧します。 当初予定していた「京都の美術250年の夢 第1部江戸から明治へ:近代への飛躍」の図録。 ※新型コロナウィルスの影響により、開催中止となりました。第1部から第3部の3部構成としていた展示構成を変更し、各部で展示を予定していた作品の一部を、総集編として展示します(開催日調整中)。

杉本博司 瑠璃の浄土

販売中

杉本博司 瑠璃の浄土
発行年2020年3月
発行元平凡社
販売価格3,182円+税
編者京都市京セラ美術館
判型A4変 232頁
購入ART RECTANGLE KYOTO Online Store
平凡社

現代を代表する写真家、杉本博司。写真、建築、舞台演出のほか、古美術蒐集や文筆業まで幅広い活動を展開した作家の、公式展覧会図録です。

京都市美術館 最初の一歩:コレクションの原点 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)

販売中

京都市美術館 最初の一歩:コレクションの原点 (京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術250年の夢」)
発行年2020年3月
発行元光村推古書院
販売価格1,200円+税
編者京都市美術館
体裁A5変 
購入ART RECTANGLE KYOTO Online Store
光村推古書院

1933年に日本で2番目の公立美術館として開館した京都市美術館。開館3年目(1935年)に初めて開催した「本館所蔵品陳列」に出品された、コレクションの原点となる所蔵作品47点を掲載。最初の所蔵品となった榊原紫峰、(五代)清水六兵衛、岡田三郎助、石本暁曠の作品など。 京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢 最初の一歩:コレクションの原点」の図録。

京都市美術館名品百選

販売中

京都市美術館名品百選
発行年2020年3月
発行元光村推古書院
販売価格1,200円+税
編者京都市美術館
体裁A5変
購入ART RECTANGLE KYOTO Online Store
光村推古書院

1933年、公立の美術館として全国で2番目に設立された、歴史のある京都市美術館。日本の近代美術を代表する日本画を中心に、洋画、工芸、版画、彫刻、書まで 美術の各分野を網羅する所蔵品は3700点を超える。本著では、収蔵品の中から珠玉の100点を厳選して掲載。京都画壇を代表する竹内栖鳳や、美人画で知られる上村松園の作品など。

ザ・トライアングル

鬼頭健吾:Full Lightness

無料

鬼頭健吾:Full Lightness
発行年2020年7月
発行元京都市京セラ美術館
販売価格無料
編者 京都市京セラ美術館
判型A4
PDF 鬼頭健吾:Full Lightness(5 MB)

当館のリニューアルを機に新設されたスペース「ザ・トライアングル」の初回の展示「鬼頭健吾:Full Lightness」の公式図録。今回は、開館を記念して企画された北西エントランスと本館・光の広間での特別展示とあわせ、3カ所で展開された展示の風景写真と担当キュレーターによるエッセイを収録。無料でダウンロードできるPDF形式の図録で、どなたでも閲覧できます。 なお、今後もシリーズとして、同様の形式でザ・トライアングルでの活動記録をアーカイブ化していく予定です。

#京都市京セラ美術館#kyotocitykyoceramuseumofart