京都市京セラ美術館オープニング・イベント

大友良英スペシャルビッグバンド+“アンサンブルズ京都”スプリング・コンサート

2020年3月28日

会場[ 京セラスクエア

京都市京セラ美術館(京都市美術館)は、約2年にわたる工事期間を終え、いよいよ来年3月21日にリニューアルオープンします。この度、リニューアルオープンを記念し、音楽家・大友良英率いるビックバンド及びゲストミュージシャンによる演奏の他、公募によって集まる演奏者によるコンサートを開催しますので、下記のとおりお知らせします。また、同コンサートとのコラボレーションとして、美術館のライトアップを手がけた京都在住のアーティスト、髙橋匡太と共に、事前のワークショップ参加者がデザインしたライトアップを美術館本館に投影します。

大友良英スペシャルビッグバンド+ゲストミュージシャンによる演奏に加え、公募によって集まる演奏者約100名(アンサンブルズ京都)による演奏を行います。アンサンブルズ京都による即興合奏では、一般的な楽器以外にも、なべ・やかん・自作の楽器など、各自が持ち寄った音の出るものを使い、指揮にあわせて音楽を奏でます。
また、コンサート中には、美術館ライトアップを手がけた京都在住のアーティスト、髙橋匡太が事前のワークショップで参加者と一緒にデザインした光の作品を美術館本館の外壁に投影します。国籍や年齢、性別、音楽経験、ジャンルなど様々な違いを超え、誰もが持つ異なる音や色によって、参加者全員で新しい風景を生み出し、美術館の開館を祝います。

※“アンサンブルズ京都”と髙橋匡太によるワークショップへの参加応募についてはこちらをご参照ください。

基本情報

会期
2020年3月28日(土)18:45〜20:30
会場
京セラスクエア
料金
無料
申込不要
「大友良英スペシャルビッグバンド+“アンサンブルズ京都”スプリング・コンサート」プログラム

18:45〜19:45
第1部 大友良英スペシャルビッグバンド+ゲストミュージシャンによる演奏

19:45~20:00
髙橋匡太によるワークショップ参加者のライトアップ点灯

20:00〜20:30
第2部 公募演奏者“アンサンブルズ京都”による演奏

・雨天が予想される場合は屋内で開催予定(開催前日の午前中に開催場所を判断し、屋内開催となった場合は詳細を美術館のホームページでお知らせします。)
・屋内開催となった場合は、一部プログラムを変更する場合があります。また、来場者多数の場合は入場を制限する場合があります。


出演: 大友良英ビッグバンド、ゲストミュージシャン及びダンサー、公募する“アンサンブルズ京都”メンバー、髙橋匡太及びワークショップ参加者

出演者プロフィール

大友良英 Otomo Yoshihide

大友良英
Photo: Peter Gannushkin

1959年横浜生まれ。常に同時進行かつインディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がけ、その数は70作品を超える。近年は「アンサンブルズ」の名のもとさまざまな人たちとのコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサートを手がける。また、障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれ、2011年の東日本大震災を受け福島で様々な領域で活動をする人々とともに立ち上げたプロジェクトFUKUSHIMA!や、札幌国際芸術祭2017ゲストディレクターなど、音楽におさまらない活動でも注目される。KBS京都ラジオ「大友良英のJAMJAMラジオ」(毎週金曜24:30~25:00)など京都との関わりも深い。
http://otomoyoshihide.com

大友良英
Photo: Peter Gannushkin

髙橋匡太 Takahashi Kyota

髙橋匡太

1970年京都生まれ。1995年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など国内外で活動を行い、東京駅100周年記念ライトアップ、京都・二条城、十和田市現代美術館など大規模な建築物のライティングプロジェクトは、ダイナミックで造形的な映像と光の作品を創り出す。「夢のたねプロジェクト」、「ひかりの実」、「Glow with City Project」など大規模な参加型アートプロジェクトも多数。主な受賞に、五島記念文化賞美術新人賞、グッドデザインアワード2005 (環境デザイン部門)、2008年京都府文化賞奨励賞、2010年京都市芸術新人賞、DSA日本空間デザイン賞2015優秀賞、照明デザイン賞2018審査員特別賞など。
http://www.kyota.jp

髙橋匡太

#京都市京セラ美術館#kyotocitykyoceramuseumofart