プレオープニングイベント
CELEBRATING COLORS !

髙橋匡太による本館ライトアップ

2019年12月21日

会場[ 本館 ]

上:歴史的本館を美しくライトアップ 下:イベント時には多彩な演出も

東山を背景にした壮麗な帝冠様式、現存する国内最古の公立美術館建築。今回のリニューアルでは、1933年創建当初の建築様式・外観は保存しつつ、ガラス・リボンなど新たな位相を組み込んだ画期的なリノベーションを図り、夜には美術館本館を美しいライトアップで彩ります。ライティングを手掛けるのは、京都を拠点に、歴史的建築や景観と連動した環境演出で知られる光のアーティスト髙橋匡太。美しい四季折々の景観とともに愛されてきた美術館に、新たに夜景の魅力が加わります。

上:歴史的本館を美しくライトアップ 下:イベント時には多彩な演出も

基本情報

会期
2019年 12月21日(土)〜
会場
本館

作家プロフィール

髙橋匡太 Takahashi Kyota

1970年生まれ。京都府出身。1995年京都市立芸術大学大学院修了。映像と光を巧みに操りライティングプロジェクト、パブリックワークなど幅広く活躍。京都・二条城、十和田市現代美術館、東京駅など大規模な建築物のライティングプロジェクトでは、ダイナミックで造形的な映像と光の作品を作り出している。

#京都市京セラ美術館#kyotocitykyoceramuseumofart