西山翠嶂《槿花》

槿花 1923年

西山翠嶂 (1879-1958)

作品解説

紅紫色の木槿の花々に包まれるように座る若い女性。豊かな黒髪に太く濃い眉、切れ長の瞳に薄紅色の唇。生なりの木綿の小袖に無地の帯を締めている。朝に咲いて夕べに凋む木槿の花の精のように、涼やかで儚げな女性への深い思慕が感じられる。

1923年(大正12年)
絹本着色 軸
129.0 × 85.0 cm

西山翠嶂 Nishiyama Suisho

京都市に生まれる。本名卯三郎。竹内栖鳳に入門、京都市立美術工芸学校でも学ぶ。第1回文展を皮切りに受賞を重ね、西村五雲、井口華秋とともに栖鳳門下の三羽烏と呼ばれた。帝展、新文展の審査員、帝国美術院会員、帝室技芸員を歴任。画塾青甲社を主宰して、数多くの精鋭を輩出した。師風を継承した写実的な画風と幅広い作域を誇り、京都画壇の重鎮となった。1957(昭和32)年、文化勲章を受章。

もどる

#京都市京セラ美術館#kyotocitykyoceramuseumofart