菊池契月《少女》

少女 1932年

菊池契月 (1879-1955)

作品解説

膝を抱えて座る少女。長い黒髪に灰色の瞳、慎ましやかな唇の紅。膝に伸ばした両手と裾から覗く素足のふっくらとした指の柔らかい美しさ。青い縞帯を締めた淡い色調の着物の左袖には、一対の小鳥の模様がさりげなく描かれている。

1932年(昭和7年)
絹本着色 額
118.5 × 145.5 cm

菊池契月 Kikuchi Keigetsu

長野県中野市に生まれる。本名細野完爾。児玉果亭に学んだ後、菊池芳文に入門。師の娘婿となり、菊池姓に改姓。文展での活躍により永久無鑑査作家となり、菊池塾を継承して後進を指導する。渡欧して、イタリアの初期ルネサンス絵画などに刺激され、帰国後は仏教美術や大和絵などを研究して、緊密な線描と明朗な色彩による新古典主義的な画風を確立した。

もどる

#京都市京セラ美術館#kyotocitykyoceramuseumofart