入場自由

『「CONNECT⇄ 」~ 芸術・身体・デザインをひらく~』京都市京セラ美術館プログラム

2020年12月3日-2020年12月20日

会場[ メインエントランス 周辺、およびガラス・リボン ]

撮影:来田猛

2020年12月3日(木)~20日(日)にかけ、京都市京セラ美術館をふくむ岡崎公園内各所で、『「CONNECT⇄ 」~ 芸術・身体・デザインをひらく~』が開催されます。
京都市京セラ美術館でも、共生・多様性について考える催しを行います。
ぜひ、この機会にお出かけください。


「CONNECT⇄ 」~ 芸術・身体・デザインをひらく~
会期:2020年12月3日(木)~20日(日)
会場:岡崎公園内各文化施設(京都市左京区)
料金:無料
公式サイトは下記バナーからご覧ください



主催:文化庁、京都国立近代美術館
共催:京都新聞
後援:京都府、京都市、京都岡崎魅力づくり推進協議会、KBS京都、エフエム京都
特別協力:NHK京都放送局
協力:京都市京セラ美術館、京都市動物園、京都府立図書館、ロームシアター京都、京都市勧業館みやこめっせ、kokoka京都市国際交流会館、日図デザイン博物館、一般社団法人HAPS(Social Work / Art Conference)、富士通株式会社、山口情報芸術センター[YCAM]

撮影:来田猛

基本情報

会場
メインエントランス 周辺、およびガラス・リボン

三人のガラス・リボン

三人のガラス・リボン
画像:平野智之

東京や京都で障害のある人が集うアトリエ活動に参加する三人は、それぞれの生活の中で出会ったある人やモノをきっかけに、描くことに夢中になりました。軽快でユーモアを感じさせる三人の作品世界を、京都市京セラ美術館内の透明感ある軽やかなデザインが特徴のファサード「ガラス・リボン」でご紹介します。
参加アーティスト:登坂京太郎、平野智之、米増初音

会期:2020年12月3日(木)~20日(日)
会場:京都市京セラ美術館 ガラス・リボン
料金:無料
https://connect-art.jp/program12/

三人のガラス・リボン
画像:平野智之

美術館のどうぶつ園

美術館のどうぶつ園
アニメーション映像作品 「みずのき動物園」

京都市京セラ美術館の隣には動物園がありますが、美術館の中にももう一つの“どうぶつ園”が開館します。展示するのは、映像作家 浦崎力が、障害者支援施設みずのき内の収蔵庫で動物の絵画と出会ったことをきっかけに制作した映像作品です。
みずのき絵画教室で生まれた作品の中から動物を描いた作品を選び、それらのイメージを用いたアニメーションで動物園をつくり出します。

会期:2020年12月3日(木)~20日(日)
会場:京都市京セラ美術館 エントランス周辺
料金:無料
https://connect-art.jp/program03/

美術館のどうぶつ園
アニメーション映像作品 「みずのき動物園」

関連情報

【動画配信】

CONNECTスペシャル鼎談 ~「共生」の時代における文化施設のあり方について~

下記のスペシャル鼎談に当館館長の青木淳が登壇します。
期間中、オンラインでどなたでも自由に視聴可能ですので、ぜひご視聴ください。

【鼎談詳細】
「共生」の時代における文化施設のあり方をテーマに、哲学者の鷲田清一さん、京都市京セラ美術館館長で建築家の青木淳さんをお迎えして、京都国立近代美術館館長・柳原正樹の進行による鼎談を行います。事前収録した動画を、全会期中配信します。詳細は以下リンクをご覧ください。

公開期間 2020年12月3日(木)~20日(日)
公開URL:こちら
企画:文化庁、京都国立近代美術館

#京都市京セラ美術館#kyotocitykyoceramuseumofart