ラーニングLearn

教育普及活動を
「ラーニング・プログラム」にリニューアル

多様な価値観を持つ人々が交流し、
文化芸術の未来を描く拠点に

多様な価値観を持つ人々が交流し、文化芸術の未来を描く拠点に
ラーニング・プログラムの拠点となる「談話室」(本館2階)
ゆっくり過ごしたり、遊びながら学んだり、さまざまな情報交換ができる場所となる
撮影:来田猛

当館では以前から展覧会関連の講演会やワークショップ、博物館実習の受け入れなどの教育普及活動を続けてきましたが、リニューアルを機に 「“教える” から “学び合い” へ」をキーワードに「ラーニング・プログラム」と名を改め、再編します。
このプログラムでは、文化芸術を介して「多様な価値を認め合う心の豊かさ」や「異なる感性を持つ人々と共に未来を描く歓び」に触れる機会を創出。市民や観光客をはじめ多様な文化的背景を持つ人々が集まることができる環境をつくり、交流拠点として文化芸術の創造に資する存在となることを目指すとともに、美術館と新たな関係性を構築する機会を提供します。

多様な価値観を持つ人々が交流し、文化芸術の未来を描く拠点に
ラーニング・プログラムの拠点となる「談話室」(本館2階)
ゆっくり過ごしたり、遊びながら学んだり、さまざまな情報交換ができる場所となる
撮影:来田猛

4つのテーマ


4つのアプローチ

このような4つのアプローチに基づき、様々なプログラムを展開しています。個別プログラムの詳細はプログラム一覧をご覧ください。

プログラム一覧を見る

#京都市京セラ美術館#kyotocitykyoceramuseumofart